銀座を歩くお父さんに抱えられた赤ちゃんの眉間に深い皺が刻まれていた

眉間に皺を寄せた赤ちゃん
銀座を歩く家族連れ
関連する写真

自分も乗っていたはずなのに乗っていた頃の記憶は全くない。だから何歳になるまで乗っていたかなんてことも、もちろん分からない。僕は何歳頃までベビーカーに乗っていたのだろう。

銀座で僕の前を歩いていた若い夫婦もベビーカーを押しながら歩いていた。大きなベビーカーを携えていたものの、肝心要の赤ちゃんはベビーカーには乗っていない。主役の赤ちゃんはのお父さんの腕の中にいた。

ベビーカーに乗せられて、まるで自動車に乗ったような感じで移動するのと、お父さんに抱えられて移動するのとではどちらが赤ちゃんにとって快適なのだろう。パッと思ったところではお父さんに抱えられた方がすぐ近くにお父さんの顔があり、温もりも伝わりそうで快適に思える。

でもこの赤ちゃんにとってはそうではないようだ。お父さんに抱えられて後ろを向いていた赤ちゃんの眉間にはしっかりと皺が寄っていて、快適に移動しているとはお世辞にも言えない顔つきで周囲を見渡していた。なんだか隙あらばいつだってお父さんの腕の中から逃れてやると言わんばかりの顔だった。

ENGLISH
2022年1月 人びと 東京
赤ちゃん バック・ショット 銀座 親子
銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12148

撮影年月

2021年11月

投稿日

2022年01月17日

更新日

2022年05月11日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

銀座ってどこ?

Prev & Next