ギャラリーの壁は黒い雪の舞うスノードームの写真で埋め尽くされていた

大貫卓也の作品
大貫卓也の作品
似ている写真 撮影地

銀座駅よりもずっと新橋駅に近くて、銀座と言って良いのかどうか悩んでしまうところにギャラリーがある。株式会社リクルートホールディングスが運営するクリエイションギャラリーG8だ。グラフィックデザインやビジュアル・コミュニケーションに関する展示が多いギャラリーで、この日に展示されていたのは大貫卓也というクリエーティブデザイナーの作品だった。

何の予備知識もないまま、ギャラリーの中に足を踏み入れるとすぐにモノクロームの写真に囲まれた。どの壁にも同じような、白いの入った黒い雪の舞うスノードームの写真が掲げられていたのだ。違うのはスノードームの中にある黒い雪の舞い上がり具合だけ。鳩の姿が見えないくらい黒い雪が舞い乱れているのもあれば、ほとんど舞っていないのもあるとはいえ、基本的な構図はすべて同じ写真だ。

作品を見ているだけでは分からなかったけれど、黒い雪の舞うスノードームを用いた一連の作品は広島に投下された原子爆弾をモチーフとした平和をアピールするポスターとその関連制作物なのだという。言われてみれば、黒い雪は原爆投下直後に降り注いだ黒い雨を思わせるし、鳩には平和のイメージがつきまとう。意外なことに鳩が平和の象徴というイメージが世界的に広まったのは、それほど古いことではない。ピカソが1949年に制作した「第一回平和擁護世界大会」のポスターがきっかけというのが本当だとすると、たかだか80年くらい前のことなのだ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年12月 町角 東京
ギャラリー 銀座 シルエット
銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12408

撮影年月

2022年8月

投稿日

2022年12月06日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 1.8/85

クリエイションギャラリーG8ってどこ?

PREV & NEXT