ポーラ・ミュージアム・アネックスから窓の外を眺めると歩行者天国を歩く親子が見えた

ポーラ・ミュージアム・アネックスからの眺め
ポーラ・ミュージアム・アネックスからの眺め
関連する写真

化粧品の雄、資生堂が銀座にギャラリーを構えているのに対抗したのかどうかは知らないけれど、ライバル会社であるポーラもまた銀座ギャラリーを構えている。しかも、ちょっと離れているとはいえ同じ通りにだ。

ポーラの運営する美術館というと、モネやルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ピカソなどの作品を所蔵している箱根にあるポーラ美術館を思い浮かべるけれど、銀座にもあるのだ。

キラキラしていて僕には近寄りがたいポーラ銀座の店舗を横目で見つつ、エレベータに乗って3階で降りると、そこがポーラ・ミュージアム・アネックスだ。この日の展示は単なる展示ではなくチャリティオークションだった。旅をテーマにした作品が展示されていて、眺めるだけでなく、気に入ったならオークションに参加して購入もできるという面白い企画展だった。

程度の差こそあれ、誰しもが一度は旅したことがあるだろう。そのためか作品に投影した旅のイメージは作者によって人それぞれだ。良く言えばバラエティに富んでいて、悪く言えば統一感に欠ける。そのような中、もっとも印象に残ったのは作品そのものではなくRyu Itadaniの作品のキャプションに書かれていた「年上だった本の中の沢木耕太郎は随分と年下になっていた」というフレーズだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年1月 町角 東京
カーテン ギャラリー 銀座 親子
銀座で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12149

撮影年月

2021年11月

投稿日

2022年01月18日

更新日

2022年05月11日

撮影場所

銀座 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

銀座にあるポーラ・ミュージアム・アネックスってどこ?

PREV & NEXT