伊勢山皇大神宮の鳥居

伊勢山皇大神宮の鳥居
横浜にある伊勢山皇大神宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

水色の袴を穿いた神職が箒で鳥居の前を清めていた

横浜の野毛山を登っていくと、住宅街の中にさらに階段が上に伸びていた。登っていくと上がりきったところに鳥居が立っていた。水色の袴を穿いた神職が箒で清めている。ここは伊勢山皇大神宮だ。

「皇」という字が用いられているし、大神宮という社号も使われていて壮大な名前の神社だ。それもそのはず、大神宮という社号が示しているようにここは天照大神を祀っている「関東のお伊勢様」だ。そう聞くと伊勢神宮から直接天照大神を勧請したように思えるけれど、そうではないのがややこしい。かつて横浜市西区戸部町にあった伊勢神宮より勧請されたと伝わる古社を再興し、国際港都・横浜の守り神としてこの見晴らしの良い丘へ遷座したのだという。その戸部にあったとされる古社は調べてもよく分からない。Wikipediaには「武蔵国の国司が勅命によって伊勢神宮から勧請したと伝わる神社」と記載があるものの、どのような神社だったかは闇に包まれているのだ。

創建された経緯にちょっとモヤモヤしたものがあるとはいえ、天照大神が主祭神で伊勢神宮と関係があるのは紛れもない事実だ。2018年には創建150年の記念事業の一環として、伊勢神宮から内宮の旧西宝殿が下げ渡されて本殿として使用されている。大仰な看板に偽りはないのだ。

ENGLISH
2021年5月 神奈川 人びと
神職 神社 鳥居 横浜

伊勢山皇大神宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

11923

撮影年月

2020年9月

投稿日

2021年05月31日

更新日

2021年06月01日

撮影場所

横浜 / 神奈川

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

横浜で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ