新郎新婦と神職

新郎新婦と神職

新郎新婦が番傘の下を並んで歩いていた

東京の明治神宮で撮影。

しばらくすると、また別の新郎新婦が広場に現れた。神職が差した番傘の下を新郎と新婦が並んで歩いている。二人とも胸を張って、希望に満ちた将来を確信しているように見えた。ここ明治神宮では、一日に大勢の新郎と新婦が誕生しているのだ。境内で数時間も過ごせば、何組もの新郎新婦を目にすることができる。それにしても、大勢の人が神前で挙式したいと考えているようだ。意外なことに、神前結婚式をいうのはそれほど古い習慣ではない。元来、普通の人は自宅で結婚式を行っていたのだった。最初に神前式で挙式したのは大正天皇だとされている。今からわずか120年ほど前の話だ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10276
撮影年月
2017年4月
投稿日
2017年09月10日
撮影地
原宿 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年9月 人々 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
EF85MM F1.2L II USM
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP