インドネシアにも多くの華僑がいる

高架橋下の柱に書かれた漢字
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

ジャカルタの高架橋下に立つ柱には漢字が書かれていた

市場になっていた路地を抜けると、頭上に高架橋が伸びていた。幹線道路なのだろう。高架橋の下に広がる空間も広く、高架下の雰囲気はどこの国でも似たようなものなのか、薄暗い空間が広がっていた。真っ昼間であってもできれば避けたいような雰囲気だった。

雨を避けられる場所に人がいるのも他の国と同じだ。薄暗い中には人の姿がちらほらと見えた。柱の脇で寝転がったり、仲間とお喋りしていたりする。近くにはバジャイという三輪タクシーが何台か止まってきたから、ここは暇な運転手のたまり場なのかもしれない。

薄暗い中に見える人影を横目に、高架橋の向こう側に向かっていた。柱には漢字が書かれているのが見えた。ジャカルタにも大勢の華僑がいるのだ。一説によると、インドネシア人口の5%程度が華僑なのだという。5%といってもインドネシアの人口は日本の倍くらいあって264百万人もいるから、13百万人もの華僑がいる。大体東京の人口と同じくらいの華僑がいるということだ。

びっくりするのは、その5%程度しかいない華僑がインドネシア経済の90%ほどを握っているといわれていることだ。確かにフォーブス誌による2018年度インドネシアの富豪トップテンを見てみると、2位のシナルマスグループを率いるエカ・チプタ・ウィジャヤ氏、4位のサリム・グループを率いるアンソニー・サリム氏、8位のマヤパダ・グループを率いるタヒール・ファミリーと10人中3人が華僑なのだった。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11529

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月16日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ