柱によりかかる女の子

国父紀念館の太い柱によりかかる女の子

女の子が国父紀念館の回廊にぽつんと立っていた

台湾の台北にある台北中山公園で撮影。

中山公園の中には国立国父紀念館という建造物が建っている。ここでいう国父とは孫文のこと。そもそも中山とは孫文の号なのだ。日本で亡命生活を送っていた際に、「中山」と書かれた邸宅の表札を気に入って、自らそう名乗ることにしたのだという。辛亥革命を起こした孫文は台湾でも中国本土でも、どちらでも尊敬されているという稀有な人物だ。その孫文を記念するホールは大きい。そして周囲には回廊が巡らされている。

広い回廊は何かエクササイズするにはちょうどいい。僕はここに太極拳をやっている地元の人の姿を追い求めてやって来たのだけれど、残念ながら回廊は閑散としていた。太極拳をしている人はいない。閑散とした回廊には、赤いTシャツを着た女の子がいた。太い柱に寄りかかりながら、女の子はスマホをいじっていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

国立国父紀念館ってどこ?

PHOTO DATA

No

10174

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年06月12日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ