見張り塔からずっと

旧バタヴィアに建つ見張り塔
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

旧バタヴィアには1839年に建てられた見張り塔が今でも建っていた

ファタヒラ広場から北に向かっていたのは、見張り塔を見るためだった。「見張り塔」という単語を聞くと、ボブ・ディランの「見張り塔からずっと」という曲を思い起こす。盗人と道化が向かう、王子が見張っている塔は保守勢力を表しているとも言われるが、自分の人生の中では見張り塔から見張られたことも見張ったこともない。でも、なぜだか「見張り塔」という言葉には惹かれてしまう。こっそり覗き見ているような語感が、淫靡なものを連想させるのかもしれない。

30分ほどのんびり歩いていくと、視界の中にちょっと背の高い建物が目に入ってきた。それが1839年に建てられた見張り塔だ。かつて港の責任者が、この塔の上から船舶の港へとの出入りの監視と指示を行っていたのだ。

旧バタヴィアの見張り塔は、建設当時には眼を見張るような高さを誇っていたのかもしれないけれど、今となってはそれほど高い建造物ではない。うっかりしていると、わからずに通り過ぎてしまいそうだ。旧バタヴィアがジャカルタという名前に変わり、周囲からは港らしさが失われても、見張り塔はそこそこ交通量の多い通りの脇にひっそりと建ち続けているのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにある見張り塔ってどこ?

PHOTO DATA

No

11530

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月17日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ