柱と柱の間に立つ男

柱と柱の間に立つ男

柱と柱の間に男が立っているのが見えた

東京の竹橋で撮影。

竹橋で東西線を降りて、神保町へと向かって歩き出した。竹橋と神保町はそれほど離れていない。途中には一ツ橋という地名があったりして、ちょっとだけ歴史を感じる。ここには御三卿のひとつである一橋徳川家が屋敷を構えていたところだ。

歩いていくと、ほどなくして立派なエントランスの前にやって来た。KKRホテル東京のエントランスだ。KKRなんて聞くとちょっと宗教じみていて怪しい団体のような気がするけれど、国家公務員共済組合連合会のこと。国家公務員のKと共済組合会のKと連合会のRをくっつけたようだ。なんとも格好悪い。日本放送協会がNHK、大学翻訳センターがDHCになっているのと同じ発想だ。

ちょうど煙草を吸いたいなと思っていた僕は、ホテルの中なら喫煙所があるに違いないと思い、中へと入っていく。エントランスホールはご多分に漏れず禁煙だ。宿泊客のような顔をして喫煙所の場所を探す。しばらくすると、喫煙所の場所を示す看板があった。どうやら目指している場所はホテルの裏手にあるようだ。

喫煙所はずらっと柱が並ぶ通路の脇に申し訳程度に設けられていた。近づいていくと、先客の姿が見える。先客の男は柱の間に立って煙草を吹かしていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

竹橋ってどこ?

PHOTO DATA

No

11221

撮影年月

2019年4月

投稿日

2019年10月04日

撮影場所

竹橋 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

アーカイブ