駒込富士神社

駒込富士神社の参道を横切る人影
東京の駒込にある駒込富士神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

富士山に見立てられた小山の上から参道を見下ろすと、人影が横切るのが見えた

東京の住宅街でこんもりと木々が生い茂っている場所があったら、ほとんどの場合、神社寺院だ。それくらい都内の住宅街で木々が生い茂っている場所は少ない。これは欧米の都市と比べたデータでも明らかで、国土交通省「諸外国における公園の現況」(2012 年)によると一人当りの公園面積は、ロンドンが26.9平方メートル、ニューヨークが18.6平方メートル、パリが11.6平方メートルなのに対し、東京は5.8平方メートルしかない。しかしながら実際のところ、実質的な東京の一人当りの公園面積はもう少し多いのではないかと思う。この調査ではあくまでも公園の面積を比較しているのだけれど、東京では多くの神社や仏閣が公園のような機能を担っているような気がするのだ。木々が植えられていて、誰もが中に入って散策できる。これはもう公園の一種としてもいいのではないだろうか。

駒込で見つけた木々が生い茂っているところは、やはり駒込富士神社という神社だった。参道の終わりに急な階段があって、社殿は富士山に見立てた山の上に建てられていた。ここは古くから富士信仰の盛んなところだったようだ。かつてはこの場所から富士山を臨めたのかもしれないけれど、今では何も見えなかった。仕方ないので小山の麓に視線を向けると、参道を横切る人影が見えた。

ENGLISH
2021年7月 町角 東京
参道 人影 駒込 神社

駒込富士神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

11957

撮影年月

2020年12月

投稿日

2021年07月04日

撮影場所

駒込 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

駒込で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ