家々を支える柱

家々を支える柱

家々は沢山の柱に支えられていた

ミャンマーのダラにある小さな漁村で撮影。

川辺を歩いていると、目の前に沢山の柱が出現した。この集落の家は川沿いの斜面に建てられているのだった。このような細い柱に支えられて、家の床は道路と平行を保つようになっているのだ。川のところから見ると、家々は高床式になっているように見える。

柱が組み合わさった場所は、家の床を支えるだけでなく、ものを干すためにも使われているようで、洗濯物が干してあったり、漁網が干してあったりする。でも、その柱の間を目を凝らして見てみても、排水管の類いは見当たらなかった。この小さな集落には電気は来ているものの、水道は来ていないようだ。飲水は近くの井戸から汲んでいるのだろう。そのような状況にもかかわらず、村人の中にはスマートフォンを持っている人もいる。日本から来た人間には、なんだか文明化する順序が間違っているような気がしてしまう。でも、楽しそうにメセージのやり取りをしている人を見ると、蛇口をひねれば水が出ることよりも、水洗式のトイレがあることよりも、人と繋がっていることの方が人間の欲望を充足しているのかもしれないと感じてしまう。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ダラってどこ?

PHOTO DATA

No

10824

撮影年月

2018年9月

投稿日

2018年12月10日

撮影場所

ダラ / ミャンマー

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ