参道にそびえる大村益次郎像

靖国神社の大村益次郎像
東京の靖国神社で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

靖国神社の参道の真ん中にある高い台座の上に大村益次郎像が立っている

神社に参拝に訪れると参道を歩いて拝殿なり神殿に向かうわけだけれど、その際に正中と呼ばれる参道の真ん中を歩いてはいけないとされている。これは正中が神様の通り道とされているためだ。

似たような禁忌は中国の北京にある紫禁城を訪れた際にも聞いた。もともとが庶民の立ち入りを禁じた天帝の所在地という意味の紫禁城で、正門である午門には5つのがあるのだけれど、中央の中門は皇帝専用で他の人間は通るのを許されなかったのだという。

話は東京に戻ってきて靖国神社だ。九段下駅から靖国神社に向かって大鳥居を越え進んでいくと、参道の真ん中に大きな銅が立っているのが嫌でも目に入ってくる。正中にどしんと構える銅像は高い台座の上で意気揚々と遠くを眺めている。日本陸軍の創始者と言われる大村益次郎の像だ。

神様の通り道である正中に大仰に立ちはだかってしまっていいのだろうかとちょっと疑問に思うものの、国立国会図書館に収蔵されている近世名士写真に記載されている大村益次郎の肖像を見て納得。頭頂部分が人並み以上に大きく、異形の人と呼ぶのに相応しい頭の形をしている。単なる人間とは思われていなかったのかもしれない。

ENGLISH
2021年9月 静物 東京
九段 神社 鳥居

靖国神社ってどこ?

PHOTO DATA

No

12017

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月02日

撮影場所

九段 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

RICOH GR III

九段で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ