参道の入り口には大きな鳥居が立っている

靖国神社の大鳥居
東京の靖国神社で撮影
関連する写真

この神社にはそれほど長い歴史はない。創建は明治になってからだ。でも、ここは戦没者を祀るために政府が建てたものだから敷地は広いし、拝殿なども立派な作りになっている。参道の入り口には大鳥居が聳えていて、九段下の方からやって来た参拝客を威嚇するかのように聳えていた。

僕が訪れた時にはちょうど逆光になっていて、大きなシルエットになっていた。大鳥居の下には小さく大村益次郎像のシルエットが見える。事実上の帝国陸軍の創始者は高い台座の上に立っていて、訪れる参拝客のことを見下ろしていた。ちなみに、

この像は日本で最初の西洋式銅像らしい。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2006年6月 静物 東京
参道 九段 神社 シルエット 鳥居
九段で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

460

撮影年月

2006年5月

投稿日

2006年06月24日

更新日

2020年01月19日

撮影場所

九段 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

靖国神社ってどこ?

PREV & NEXT