参道の立て札

参道の立て札

参道の真中に立て札が立てられていた

東京の九段にある靖国神社で撮影。

幅の広い参道の真中に立て札が立てられていた。向こうには鳥居と神門が見える。立て札には「下乗」と書かれているから、ここから先に進むには乗り物を降りて歩いて向かわなければならないのだ。もっとも、ここから先に乗り物に乗って向かう人はいないだろう。そんなことをしたら、右翼の人に何をされるか分かったものではない。

下馬とか下乗の作法は思いの外昔からあるようだ。平安時代末期から鎌倉時代初期に書かれた法曹至要抄という法律書にはすでにそのルールが記載されているのだという。これを破った人間は笞罪に処せられたらしい。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10246
撮影年月
2017年2月
投稿日
2017年08月13日
撮影地
九段 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年8月 町角 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP