千社札が貼られまくった観音堂の軒下に子育観音像が祀られていた

金昌寺に祀られていた子育観音像
金昌寺の子育観音像
関連する写真

緩やかに弧を描いて登っている参道の先に本尊である十一面観世音菩薩を安置した金昌寺の観音堂が建っている。もともとは朱色に塗られていたようなのだけれど、あちらこちらの色が剥げてしまっている。手で触れられるところは剥げてしまったようだ。でもそれが却って歴史を感じさせている。

観音堂の正面に立つと見上げても、はしっかり閉まっていて、中に鎮座している十一面観世音菩薩を拝むことは叶わない。施無畏と書かれた扁額が掲げられていて、鈴緒が天井からぶら下がっているばかりだ。残念と思いながら、視線を横に向けるとそこに柔和な顔をした観音様が鎮座していた。

この観音様は寺院の本尊とは別の観音様で「子育て観音像」と呼ばれるもの。信徒から寄進された仏像なのだという。そのため縁側に祀られていて頭上に屋根はあるものの、建物の中に安置されていないようだ。同じ観音様なのに十一面観世音菩薩とはかなり扱いが違うけれど、それも仕方がない。なにせ本尊は東大寺の「四聖」のひとりにも数えられている行基菩薩の作と言われているものなのだから。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2021年12月 埼玉 静物
仏像 秩父 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12114

撮影年月

2021年10月

投稿日

2021年12月08日

更新日

2022年08月24日

撮影場所

秩父 / 埼玉

ジャンル

静物写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

金昌寺ってどこ?

PREV & NEXT