赤い扉に黄色い乳鋲

行天宮の赤い扉と黄色い乳鋲
台湾の台北にある行天宮で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

行天宮の鮮やかな赤色の扉に黄色の乳鋲がとても映えていた

行天宮は台北にある関帝廟で商売の神様である関羽が祀られている。出来ることならお金持ちになりたいと願う人はどこの国でも多い。そのため台北観光の目玉のひとつでもある関帝廟は連日賑わっている。やってくるのは観光客よりも地元の人の方が多いように見える。

参拝客が出入りする入口よりも立派なが設けられているものの、その扉はしっかりと閉じられていた。反対に回ると太い閂で閉じられているのが分かる。鮮やかな朱色に塗られた扉には乳鋲のような飾りが幾つも付いていた。まるで侵入者がこの扉から侵入してくるのを防いでいるかのようだ。

扉の上に目を向けると扁額が掛けられていて、寺院の名前が書かれていた。両脇の柱には彫刻が施されていた。御祭神である関羽はこの扉のちょうど向こう側に鎮座しているのだけれど、人間が中に入るには脇にある小さな扉から入らなければならない。神様の真正面から入るのは不謹慎なのだろう。正中を避けるようになっているのだ。

ENGLISH
2016年12月 建築 台湾
行天宮 彫刻 扁額 台北 寺院

行天宮ってどこ?

PHOTO DATA

No

9957

撮影年月

2016年9月

投稿日

2016年12月02日

更新日

2021年09月25日

撮影場所

台北 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

台北で撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ