行天宮の閉じられた扉

行天宮の赤い扉

扉は鮮やかな赤色をしていた

台湾の台北にある行天宮で撮影。

ここは関帝廟だ。商売の神様である関羽が祀られている。誰だって出来ることならお金持ちになりたいだろう。ここは連日賑わっている。そして、台北観光の目玉のひとつでもある。

写真の扉はしっかりと閉じられていた。反対に回ると太い閂で閉じられているのが分かる。鮮やかな朱色に塗られた扉には、乳鋲のような飾りが幾つも付いている。まるで、侵入者からこの寺院を守っているかのようだ。扉の上には扁額が掛けられていて、両脇の柱には彫刻が施されていた。御祭神の関羽はこの扉のちょうど向こう側に鎮座している。中に入るには、脇にある小さな扉から入らなければならない。神様の真正面から入るのは不謹慎なのだろう。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
9957
撮影年月
2016年9月
投稿日
2016年12月02日
撮影地
台北 / 台湾
ジャンル
建築写真
アーカイブ
2016年12月 建築 台湾
カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
写真集も発売中
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP