胸がはだけた靴職人

胸がはだけた靴職人

靴職人の手には靴型が握られていた

タイのメークロンで撮影。

食材を売っているお店の奥にもお店が並んでいた。奥に入っていって、薄暗いを通路を歩いていると奥行きのあるお店の前へとやって来た。店先にテーブルが出ていて、短髪の男がテーブルに就いている。テーブルの上には道具が几帳面に並べられている。男は靴型職人のようだ。手には今まさに作成中の靴型を持っている。そして、男は忙しそうに靴型の調整をしていた。奥まったところにあるこのお店は空気が淀んでいて暑い。男は胸をはだけながら働いていた。男のすぐ後ろでは扇風機がブンブンと回っている。

ふと、お店の奥に目を向けると、そこにはソファが置いてあって男がのんびりしているが見えた。カチャカチャと忙しそうに靴型をいじくっている職人とは対照的に寛いでいるようだ。奥にいる男が、この職人の雇い主なのかどうかは分からない。でも、大袈裟な表現かもしれないけれど、資本主義の一端を垣間見たような気がした。持たざるものは自らの労働力で稼ぐしかないのだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10633
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年07月04日
撮影地
メークロン / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年7月 人々 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP