高速道路の下に伸びる水路の水面はとても穏やかだった

高速道路の下を流れる水路
東京の両国で撮影
関連する写真

入江に造られた東京の町には多くの水路が張り巡らされていた。江戸は水の都だったのだ。でも、そのほとんどは高度成長期に暗渠になってしまっている。幸いにも、写真の水路は今でも外に顔を出していた。それでも、水路のすぐ上には蓋をするかのように高速道路が走っている。

空いている土地がないので、1960年代に造られた都内の高速道路の多くは水路の上に建設されている。高速道路の上には沢山の自動車が走っている。一方で、かつて多くの人びとが行き来していた水路には誰もいない。静かに水を湛えているだけだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2005年9月 町角 東京
高速道路 両国 水路

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

181

撮影年月

2005年8月

投稿日

2005年09月19日

更新日

2021年06月22日

撮影場所

両国 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

両国ってどこ?

PREV & NEXT