手漕ぎボートが水路を進んできた

ボートを漕ぐ男
中国の蘇州で撮影 オザワテツ

男が木のボートを漕いでいた

蘇州は今では上海の影にすっかり隠れてしまっているけれど、かつては交易の中心地として栄えた町だ。春秋時代には呉の都にもなっているくらいだ。そして水郷であるこの町には到るところに運河が張り巡らされているのだった。

そんな水路のひとつに架けられた橋の上に立っていると、向こうの方から手漕ぎのボートがやって来るのが見えた。珍しい。ほとんどの場合、水路は静まり返っている

男がゆったりとボートを漕いでいる。この場面だけ見ていると、タイムスリップしてしまったように感じてしまう。町は発展しているけれど、中にはまだ水路を日常の交通機関に用いている人もいるようだった。

EN

蘇州ってどこ?

PHOTO DATA

No

7920

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年09月25日

撮影場所

蘇州 / 中国

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM