バス停のサムズアップ

バス停でのんびりしていた二人の男
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

バス停のベンチでのんびりとしていた二人の男が楽しそうに親指を立ててくれた

東京ではほとんど見かけないけれど、アジアの国を旅していると目にする光景に「よく分からないけれど、人びとが道端でウダウダしている」というものがある。特に何かをしている訳でもなく、手持ち無沙汰の様子で道端で時間をやり過ごしている人を結構見掛けるのだ。中にはトランプやチェスなどに興じていていたりする人もいて、そのような人たちからは暇を持て余している感じが伝わってくる。その一方で何もしていない人たちもいて、その場合には虚無的な何かしか感じられないことも多い。

写真の男二人も道端で何もしていないグループに属する人だった。道端のバス停に設けられたベンチに腰掛けてダラダラとしている。だからといって、バスが来ても乗る訳でもない。一時停車したバスを何事もなかったかのようにやり過ごす。雰囲気的には喫茶店で寛いでいるのと変わらないのだ。

このような人たちは、好き好んでバス停にいるのではないのだろう。町中にベンチなどのちょっと休めるところがあればどこでも構わないのだと思う。でも、なかなかそのような場所がないのだ。もし、ネパールにあるような休憩場所があればそこで休むことになるに違いない。

いずれにしても、すっかりバス停で寛いでいる二人にカメラを向けると、楽しそうに親指を立ててくれた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11510

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年05月01日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ