蘇州の水路に架かるアーチ状の橋

水路の架かる橋

町中を流れる水路に架かる橋はどれもアーチを描いていた

中国の蘇州で撮影。

蘇州は歴史のある町だ。春秋時代には呉の都だったところだ。春秋時代というと北インドでガウタマ・シッダールタが生きていた時代とほぼ同じで、日本では神武天皇でさえまだ天皇になっていない。

水郷として栄えた町には今でも多くの水路が町の中に張り巡らされている。かつて水路は物を運ぶのに重要なインフラだったので、橋という橋は下を船が通り抜けられるように大きくアーチを描いているのが印象深い。

かつては水運のために利用されていた水路もすっかり廃れて利用している人はほとんどいない。今では単なる景観の一部になっている感がある。しかし、その景観の一部が厄介なのだ。歩いていると、頻繁に橋を渡る必要に迫られ、大きく弧を描いた橋を上り下りして渡らなければならないのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

蘇州ってどこ?

PHOTO DATA

No

7911

撮影年月

2008年6月

投稿日

2013年09月22日

撮影場所

蘇州 / 中国

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

CANON EOS 1V

レンズ

EF85MM F1.2L II USM

アーカイブ