拝殿の内部

拝殿の内部

拝殿の扉が開いていた

東京の市ヶ谷にある市谷亀岡八幡宮で撮影。

急な階段になっている参道を登り終えて、市谷亀岡八幡宮の拝殿の前までやって来た。正面に立ってお参りをする。目の前には木製の賽銭箱が置かれていて、上からは鈴緒がぶら下がっていた。

ふと拝殿に目をやると、拝殿の扉が開いているのに気が付いた。隙間からは中の様子が見える。中に人がいない時は、拝殿の扉はしっかりと閉められているのがほとんどだ。開いているのは珍しい。中には御幣が立てられているのが見えた。ひょっとしたら、空気の入れ替えのために開けられているだけなのかもしれない。まあ、祀られている神様もたまには新鮮な空気を吸いたいだろう。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10247
撮影年月
2017年2月
投稿日
2017年08月14日
撮影地
市ヶ谷 / 東京
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2017年8月 建築 東京
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
Tetsu Ozawa Photography

こちらの写真もどうぞ

アーカイブ
ポートフォリオ
このサイトを検索
PAGE TOP