古いアパートの廊下

古いアパートの廊下
東京の目黒で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

古いアパートの薄暗い廊下の先に自転車が駐められているのが見えた

住宅街を歩いていると、古いアパートが建っていた。昭和の香りが漂う、カタカナの名前は似合わないようなアパートだ。なんという名前が付いているのか分からなかったけれど、ここには〇〇荘だとかそういう名前が似合う。

入り口の引き戸が開いていたので、中がどうなっているのか興味を惹かれて寄っていく。隙間から中を覗くと、まっすぐに薄暗い廊下が反対側の扉まで伸びていて、廊下の最後に自転車が止められているのが見えた。

「荘」という宿泊所や屋敷という意味のある漢字がアパートの名称に使われなくなったのは1980年代のことだという。その頃からすでに古臭いイメージがあったようだ。その代わりに使われるようになったのはコーポやハイムなどの外国語。同じような意味の言葉であっても、目新しい外来語を用いた方が新しいような、格好良いようなイメージを想起しやすいのだ。

デイリーポータルZというサイトによると、名称に外国語を用いる傾向は比較的最近まで商業施設の名称に見られたのだという。2000年代初頭までは「ショッピングセンター」や「ビルディング」など英単語を用いた名称が多く、その後ラテン語を思わせるような名称が増えていたのが、2010年くらいからは日本語を取り込んだ名称が増える流れに変わっているのだそうだ。代表例は渋谷ヒカリエやスカイツリーの下にある東京ソラマチ、東京駅の横にあるKITTEなどだ。

商業施設でそのような名付けが一般化してきているのを鑑みると、そのうちアパートやマンションの名称にも日本語を取り入れたダジャレとオシャレの間を漂う名前が増えるのかもしれない。

ENGLISH
2021年8月 建築 東京
アパート 自転車 入り口 目黒

目黒ってどこ?

PHOTO DATA

No

11997

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年08月13日

撮影場所

目黒 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

目黒で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ