​​東郷平八郎を祀った東郷神社の扉には、皇室と東郷家の家紋が一緒に描かれている

大きな紋章のある東郷神社の扉

東郷神社の神門

関連する写真

神宮前に建つ東郷神社のに大きな紋章が据え付けられていた。金色に輝く紋章には、いわゆる菊の御紋と蔦の葉の組み合わせが描かれている。菊の御紋はいわずもがな、皇室の家紋だ。では蔦の葉は何なのかといえば、これは東郷家の家紋なのだ。ここは日露戦争で連合艦隊司令長官として指揮を執った東郷平八郎を祀った神社。皇室と東郷家の家紋が一緒に描かれているのだ。

日本では第二次世界大戦後に軍人の地位がかなり下がってしまったので、あまりピンと来ないものの、ウィキペディアによれば東郷平八郎は『日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人』だ。東京の神宮前には東郷神社が建てられ、府中には東郷寺も建てられるくらい人気と人望があったのだ。

ロシア帝国海軍バルチック艦隊を破ったことで世界の注目を集めた東郷平八郎は、アメリカのニュース雑誌タイムの表紙を飾った初めての日本人でもある。時は1926年、東郷平八郎が大勲位菊花章頸飾を受章した年だ。アメリカの雑誌が大日本帝国海軍の元帥を表紙にするほど、日本の海軍力が警戒されていたのだろう。今となっては隔世の感を禁じ得ない状況だ。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2022年5月 建築 東京
神宮前 神社

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

12276

撮影年月

2022年3月

投稿日

2022年05月25日

撮影場所

神宮前 / 東京

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS LOXIA 2/35

東郷神社ってどこ?

Prev & Next