神農老街で見つけた緑色の扉

緑色の扉

扉には札が掛けられていて、閉じられていた

台湾の台南にある神農老街で撮影。

神農老街という古い町並みが残っている通りを歩いていた。ちょっと観光地化し過ぎている感は否めないけれど、雰囲気はいい。古き良き台南はこんな感じだったのだと思わせるには充分だった。細い道の両脇には昔ながら低層の建物が建ち並んでいる。その中に綺麗に緑色に塗られた扉の建物があった。

扉はしっかりと閉じられている。中に明かりが点いているのが見えるものの、このお店は閉まっているものだと思い、写真を撮ったら歩き去ってしまったんだけれど、実は開いていたようだ。扉に掛かっている札には漢字で「開門了」と書かれている。これが開いている意味だということを後になってから知ったのだった。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

神農老街ってどこ?

PHOTO DATA

No

10129

撮影年月

2016年9月

投稿日

2017年05月03日

撮影場所

台南 / 台湾

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ