喫煙室のドア

ガラス張りのドアの向こうに腰を下ろした年配の男性
埼玉の狭山で撮影 オザワテツ

年配の男性がガラス張りのドアの向こうに腰を下ろしていた

ちょっとした時間があると、僕は喫茶店に入ることが多い。本を読みながらコーヒーを啜るのは心地よい。コーヒーと読書は相性がいい。でも、喫茶店で僕が本当にしたいことはコーヒーを飲むことでも、読書することでもない。喫茶店に入るもっとも大きな理由は煙草を吸うためだ。最近、路上で喫煙できる場所を見つけるのが難しくなってきた。どこもかしこも禁煙なので、喫茶店に入るのは煙草を吸うのに一番簡単な方法になっているのだ。気が付くと、日本も一端の嫌煙国家になっている。

この時も、ちょっとした空き時間があったので煙草を吹かすために喫茶店へと入った。この喫茶店も他の多くの喫茶店と同じように分煙化されている。喫煙エリアは店の奥に設けられていることが多い、やはりここもそうだった。喫煙家は隅に追いやられている。まあ、仕方がない。でも、隅に設けられている喫煙エリアにいるとなんだか隔離されているような気がするのも事実だ。

禁煙エリアと喫煙エリアの堺にあるガラス張りのドアを見ると、扉の向こうに年配の男性が腰掛けているのが見えた。

EN

狭山ってどこ?

PHOTO DATA

No

11201

撮影年月

2019年1月

投稿日

2019年09月19日

撮影場所

狭山 / 埼玉

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ