市場にいたおどけた顔の肉屋

クロントゥーイ市場で働いていた目を見開いた女性の肉屋
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

クロントゥーイ市場の肉屋で働いていた女性は目を見開いてカメラを見た

広いクロントゥーイ市場の中にあるお店のほとんどは生鮮食品を扱っているお店だ。肉屋もああれば魚屋も八百屋もある。売られている食材を見ると、魚介類や果物や野菜などは日本ではあまりみかけないものも売られている。でも、肉屋で売られているものは日本とほとんど変わらない。牛肉と豚肉と鶏肉ばかりだ。ここではジビエの類いは売られていないようだ。日本ではジビエを食すのがちょっとしたブームみたいになっているけれど、バンコクではそうではないのかもしれない。

歩き回っているうちにやって来た肉屋も豚肉を扱っている肉屋だった。店先には豚肉の塊がいくつも並べられている。そして、ふたりの女性が働いていた。ピンク色の帽子をかぶった女性は奥の方で豚肉を細かくさばいていて、手前の女性は大きな豚肉の塊と格闘していた。よく見ていると、手前の女性は小さなナイフのようなものを手にしている。豚肉に生えている産毛でも剃っていたのだろうか。

小さなナイフを持っていた女性は、僕に気がつくと目を見開いた。そして、おどけたような表情で僕のカメラを見つめたのだった。

ENGLISH
2020年2月 人びと タイ
バンコク 肉屋 クロントゥーイ市場 ナイフ 市場 豚肉

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11418

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月26日

更新日

2020年09月14日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ