豚肉を捌く男

豚肉を捌く男
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

肉屋の男は上半身裸になって働いていた

クロントゥーイ市場の中を歩いているうちに、またしても肉屋の前を通りかかった。ここは豚肉を扱っている肉屋のようだ。店先には様々な豚肉の部位が並べられていて、天井からは大きな豚の足がぶら下げられている。タイの人も豚足を食す。でも、韓国や沖縄と違って豚の顔は売られていないようだ。ここでは豚の顔の肉は食べないのかもしれない。

小太りの男が上半身裸になってカウンターで働いていた。胸にプラクルアンというお守りをぶらさげた男は包丁で小気味よく豚肉を捌いていた。僕が目の前に立ってカメラを構えていることに気が付いた男は、口元を緩めながら作業を進めている。

タイの人は牛肉よりも豚肉の方を好む。イスラム教徒はさて置き、仏教徒である人びとには食べ物の禁忌が無く、様々な肉を食すものと思っていたので、ちょっと意外だった。しかも、牛肉を好まない理由というのが宗教心に由来すると聞いてなおさら吃驚だ。なんでも出家をしようとした観音菩薩に反対した観音様のお父さんが牛に生まれ変わっていると信じられているかららしい。それ以外にも観音菩薩の乗り物は牛であることからも、牛を食べるのは避けられているようだ。同じ仏教徒でも日本人にはそのような感覚は全くないから、ちょっと不思議に思ってしまう。

ENGLISH
2018年4月 人びと タイ
お守り バンコク 肉屋 クロントゥーイ市場 豚肉

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

10538

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年04月28日

更新日

2020年09月09日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ