足利の瓦屋根

足利の瓦屋根
栃木の足利で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

国道に架かる歩道橋の上から瓦屋根が続く町並みが見えた

足利学校の横を伸びる国道に架かる歩道橋から、瓦屋根が続いているのが見えた。奥に見える善徳寺という寺院の境内に建つ建物の屋根が瓦葺きなのはわかるけれど、手前に見える屋根は寺院でもなんでもなくお土産物屋の屋根なのに立派な瓦葺きだった。

東京を散策することも多いけれど、都内ではあまり瓦屋根を見かけない。そのため瓦屋根が続く町並みを目にすると、どこか東京ではないところにやって来たという感じがする。

瓦は重く地震に弱いことから住宅を建てる際に忌避するする人が多く、その結果都内の住宅に瓦屋根の家が少ないイメージを勝手に思い描いていたものの、実際はちょっと違うようだ。今の瓦は軽量化が進んでいて、それほど重くない。問題はその重量ではなくコストらしい。

地震対策というよりコストがネックになっているというのは、都内では建売住宅が多いからだ。最終的にかかった建築費を施主が支払う注文住宅と違って、設定された売り出し価格の中で建築費を賄わねばならない建売住宅では屋根にまでコストをかけられないということらしい。そのため建売住宅の多い都内では瓦屋根の家が少なくなる傾向にあるわけだ。

ENGLISH
2021年10月 建築 栃木
足利 屋根

足利ってどこ?

PHOTO DATA

No

12051

撮影年月

2021年4月

投稿日

2021年10月06日

更新日

2021年10月07日

撮影場所

足利 / 栃木

ジャンル

建築写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

足利で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ