急な坂道を登る女の子と老人

小松宮彰仁親王の騎馬像
東京の品川で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

女の子は軽々と、老人は一歩一歩ゆっくりと坂道を上がっていた

江戸時代の地図を眺めると、今の品川駅がある辺りは揚場という船荷を陸揚げする場所があって文字通り海岸だったところだ。駅の目の前を走る国道15号(第一京浜)がかつての東海道で、これが海岸に沿うように走っていた。つまり今の品川駅の辺りはほぼ海抜ゼロメートルで、そこから内陸に向かうと高輪の台地に向かって上り坂がつづくことになる。

その地形はウイング高輪というショッピング・モールの中を歩いても実感できる。第一京浜沿いにあるマクドナルトやマンゴツリーカフェのところがもっとも低く、ショッピング・モールの奥に進めば進むほどを登っていくようになっている。1階を歩いていたのに、気がつくと2階を歩いているような感じだ。

その傾斜はウイング高輪を抜けてプリンスホテルの敷地に入るとより急になっている。マクセル・アクアパーク品川のある辺りまで来ると、普通に歩くのにちょっと難儀してしまうくらい道は傾斜しているのだ。年配の人たちが坂道に難儀していた。その横で女の子が軽々とステップを切りながら坂道を上がっていた。

ENGLISH
2021年9月 人びと 東京
女の子 老人 品川 シルエット 坂道

ウイング高輪ってどこ?

PHOTO DATA

No

12036

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年09月21日

撮影場所

品川 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

品川で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ