箱根登山ケーブルカー

箱根登山ケーブルカー
神奈川の箱根で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

箱根登山ケーブルカーの車内は山の斜面に合わすように階段状になっていた

強羅の斜めになったプラットホームに立っていると、同じように斜めになった電車が入って来た。中に入ると、車内も山の斜面と同じように斜めになっている。先頭にある運転席は、まるで坂の上に設けられているかのようだ。箱根登山ケーブルカーだ。このケーブルカーは、箱根の強羅辺りに建てられた旅館や別荘地の利用者の便を図るのと同時に箱根を回遊するのにも用いられるように敷設された、日本で2番目に古いものなのだそうだ。

八王子の高尾山にあるケーブルカーに乗ったこともあるけれど、ケーブルカーと普通の電車の大きな違いは急な斜面を走るかどうかではない、というのを知ったのはつい最近のことだ。ケーブルカーと普通の電車の違いはその動力にある。電車が架線から取り入れた電力で車体に積まれているモーターを動かして動力を得ているのに対し、ケーブルカーは車体に動力を積んでいない。ケーブルカーの動力は車両に繋がれたケーブルだ。このケーブルをウインチ等で巻き上げたり、送り出したりして車両を動かしているのだ。

言われてみれば、確かに箱根登山ケーブルカーに乗ってもモーター音は聞こえず、とても静かに動いていた。

ENGLISH
2021年7月 神奈川 乗り物
箱根 列車

箱根ってどこ?

PHOTO DATA

No

11954

撮影年月

2020年12月

投稿日

2021年07月01日

撮影場所

箱根 / 神奈川

ジャンル

鉄道写真

カメラ

RICOH GR III

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ