パーヤ・ラン駅にいた男の子と女の子

パーヤ・ラン駅にいた男の子と女の子
ミャンマーのヤンゴンにあるパーヤ・ラン駅で撮影 オザワテツ

男の子と女の子がプラットホームのベンチに仲良く腰掛けていた

ボージョー・アウン・サン・市場を後にして、すぐ裏にあるパーヤ・ランというにやって来た。ここはヤンゴン環状線に設けられた駅のひとつでヤンゴンのダウンタウンから最も近くにある駅だ。でも、そのような立地条件にもかかわらず駅は古びている。日本なら真っ先に再開発されされるような立地の駅だけれど、ここでは何十年もほったらかしのようだ。

この駅には8年前にも訪れた。最初は何も変わっていないように見えたけれど、それでも時間は確実に流れているようで、駅のところどころが変わっている。8年前には駅長にお茶を御馳走になったプラットホームの小さな食堂は跡形もなく姿を消し、その代わりなのだろうか、コンビニのようなお店がプラットホームの端に出現していた。

その一方で、待っている人びとには以前と変わらない様子だ。古びたベンチに腰掛けて、相も変わらずダラダラと列車が来るのを待っている。皆が皆列車が来るのを待っているのかどうかが定かではないのも8年前と一緒だ。中には大きな屋根の下にあるベンチで休んでいるだけと思われる人もやはりいる。そのような人の中に写真の男の子と女の子もいたのだった。

EN

ヤンゴンのパーヤ・ラン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10893

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月10日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA