パーヤ・ラン駅で列車を待つ女性

プラットホームのベンチに腰掛けていた女性
ミャンマーのヤンゴンにあるパーヤ・ラン駅で撮影 オザワテツ

若い女性がプラットホームのベンチにひとりで腰掛けて列車が来るのを待っていた

足を踏み入れたプラットホームには大勢の人がいた。普通に電車を待っている人もいれば、大きな籠を抱えた行商人の姿もある。行商人たちも他の人たちと同じように電車が来るのを待っている。列車に乗って、中で商売をするのだ。言ってみれば、勝手な車内販売をする人たちなのだ。このような人たちにはどのような料金体系が適用されるのだろう。ひょっとしたら定期券のようなものを持っているのかもしれない。

こちら側のプラットホームには大勢の人がいるのとは対照的に反対側のプラットホームは閑散としていた。屋根の下にベンチが置かれていて、壁にはアメリカの飲料水メーカーの広告が見える。このような広告を目にすると、経済制裁が解除されてから以来、多くの外資系企業がミャンマーに参入してきていることを実感する。

ベンチには赤い服を纏った若い女性が腰を下ろしていた。黒いバッグを持って俯きながら列車が来るのを待っている。どこかに出かけるところなのだろうけれど、あまり楽しそうな場所にいくようには見えなかった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンのパーヤ・ラン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10894

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月11日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ