待ちくたびれた女の子

待ちくたびれた女の子
タイのマハーチャイにある駅で撮影 オザワテツ

女の子は頭を手で支えながら待っていた

マハーチャイ駅周辺を徘徊していたのは特に理由があった訳ではない。バンコクへの列車までの時間があったからプラプラとしていただけだ。この駅から出発する列車の本数はメークロン駅と比べたら多いとはいえそれほど多くはない。駅の中でじっと待っていてもなかなか列車はやって来ないから駅周辺をウロウロしていたのだった。

駅に戻ってくると、僕が乗り込もうと思っているのと同じ列車を待っている人がチラホラと見える。薄暗いプラットホームにも地元の人が待っているのが見えたのだ。冷房の着いた待合室なんてものはない。みな苦行をしているかのように蒸し暑い午後の空気の中で待っている。あまりの気怠さに押しつぶされてしまったのか、話をしている人もいなかった。

写真の女の子も同じようにして待っていたひとりだった。ひとりで石のベンチに腰掛けてぼんやりと待っている。自分が列車に乗るために待っているのか、誰かが列車でやって来るのを待っているのかは分からない。いずれにしても頭を手に乗せている姿からは、待ちくたびれた様子がビンビンと伝わってくるのだった。

よく見てみると、女の子はガールスカウトの制服を着ていた。ここタイでもガールスカウトは組織されているようだ。

EN

マハーチャイ駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10672

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年08月01日

撮影場所

マハーチャイ / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA