壁に向かって食べる男の子

壁に向かって食べる男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

男の子は道路脇に置かれていたベンチにひとり腰掛け、壁に向かって食べていた

路地を歩いていると、遠くに大通りが見えた。路地の出口で、見える大通りはハヤム・ウルク通りだ。ジャカルタには大きな通りがいくつも走っているのだが、大通りと大通りを繋ぐのが大通りしか無いような作りになっている。大通りから脇に入ると、もう自動車が通りづらい路地ばかりなのだ。これでは自動車が大通りに集まってしまい、渋滞してしまうのも仕方がない。

そのようなことを思いながら大通りに繋がる路地を歩いていると、端に移動式の屋台とバイクが置かれていた。ベンチも置かれている。そして、ベンチには男の子がひとり寂しそうに腰を下ろしていた。どこかのファーストフードで買ったのだろうか、ソフトドリンクの入った容器を横に置いて、ケーキのようなものを食べている。

それだけならば、単にお腹の減った男の子が町角でおやつを食べているだけなのだけれど、ちょっと普通と違うのは男の子が壁に向かって食べていたことだった。男の子は路地を行き交う全てのものに背を向けて、ひとり黙々と食べている。何かに落ち込んでいるようにも見えた。けれど、見ず知らずの僕が声をかけて良いような雰囲気でもない。僕は何事もなかったかのように通り過ぎることしかできなかった。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11658

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年09月04日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ