プラットホームの屋台

プラットホームの屋台で食事をする人たち
ミャンマーのヤンゴンにあるパーヤ・ラン駅で撮影 オザワテツ

数人が屋台で食事を摂っていた

列車は行ってしまったばかりなのかもしれない。反対側のプラットホームは閑散としていた。そんな人気のないプラットホームを見渡してみると、片隅に屋台が出ているのに気がついた。大きな木の下に置かれたテーブルを囲むようにして数人が椅子に腰掛けている。何の屋台なのかは分からなかったけれど、人びとはそこで食事を摂っているようだ。

この駅のあるヤンゴン環状線を走る列車の本数は少ない。同じような環状線である山手線とは大違いだ。時刻表を見ると、列車は一時間に一本程度しかない。時間をうまく見計らって駅に来ないと思いの外時間を持て余してしまう。それに行く途中でちょっと何かを食べたいと思う人も多いだろう。そう考えると、プラットホームで商売をするのは悪くないと思う。日本だって、駅には立ち食い蕎麦のお店くらいはあることが多いから同じだろう。その証拠に、写真の屋台は結構繁盛しているように見える。

楽しそうに食事をしている人たちを眺めていたら、僕もなんだかお腹が減ってきたような気がした。

EN
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ヤンゴンのパーヤ・ラン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10895

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月12日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ