ラヤ・マンガ・ベサール通りの屋台

ラヤ・マンガ・ベサール通りの屋台
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

屋台では煌々と明かりが点いていたけれど、客の姿はまばらだった

麺を食べて満腹になった僕は、早速夜の町へと繰り出すことにした。夜の町と言っても別に飲み屋とかバーとかに入るわけではない。ひたすらに夜の通りを歩くだけけど。

ラヤ・マンガ・ベサール通りは広いけれど、街灯はほとんどなく薄暗い。でも、道の両端には至るところに屋台が出ていて煌々と明かりが点いている。日が暮れてからひとりで歩いても、怖さを感じることはなかった。もっとも、この辺りの治安が良いのか悪いのかはよく分からない。たまたま、安全と思っただけかもしれない。

食べ物を出す屋台がいくつも出ているところを見ると、他の東南アジア諸国と同じようにジャカルタでも外食が一般的のようだ。でも、そのことは屋台が賑わっているということは意味しない。夕食時ではなかったからか、営業はしていても閑散としている屋台が散見される。

僕がやって来た屋台も閑散としていた。ふたりの男が静かに屋台のワゴンの周りに腰を下ろしているだけだ。ひとりはワゴンのすぐ横の椅子に座って料理ができるのを待っている。そして、もうひとりはちょっと離れたテーブルに就いて煙草を吸っていた。屋台の周囲には気だるそうな空気が漂っていた。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

ジャカルタにあるラヤ・マンガ・ベサール通りってどこ?

PHOTO DATA

No

11506

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年04月28日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ