列車が駅に入ってきた

パーヤ・ラン駅に入ってきたどこかで見たような列車
ミャンマーのヤンゴンにあるパーヤ・ラン駅で撮影 オザワテツ

どこかで見たような列車が駅に入ってきた

列車の本数は少ないのでのんびりと構えていたら、予想に反して切符を買うやいなや列車が近づいてきているのが見えた。列車はゆっくりと走っているものの、それでもすぐにプラットホームへと入ってくる。使い古された列車だった。そして、どこかで目にしたことがあるような外観だ。それもそのはず、この車両は日本製の中古車両だった。かつては日本を走り回っていた車両も、今ではミャンマーで第二の人生を送っているようだ。8年前にやってきた時には日本製の車両なんて見なかったから、経済制裁が解除された後にJRが使わなくなった車両をミャンマーに輸出したのだろう。

車両の外観は日本で使われていたときのままのように見える。行き先表示板も日本語で書かれたものが今でも使われている。日本で最後に使われた時には貸し切りで団体列車にだったのだろうか。行き先表示板には「団体」と表示されている。車両の前方に設けられている扉は走行中も開いていて、そこに男が立っていた。

EN

ヤンゴンのパーヤ・ラン駅ってどこ?

PHOTO DATA

No

10896

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年02月13日

撮影場所

ヤンゴン / ミャンマー

ジャンル

鉄道写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ