ラックムアンの入り口

ラックムアンの入り口

黒い服に身を包んだ人たちが建物の前にいた

タイのバンコクにあるラックムアンで撮影。

多くの観光客が訪れる王宮へとやって来た。でも、僕のお目当ては王宮そのものではない。そのすぐ近くに建っているラックムアンという場所を訪れるためだった。写真に写っているお堂がそれだ。この中には町の守護神に捧げられた黄金の柱が立っている。この柱を立てたのはラーマ1世だという。1782年にトンブリーからバンコクへ遷都する際に、自らの王宮を建てる前にここにラックムアンを立てたのだという。もっともトンブリーはチャオプラヤー川の対岸にある場所で、今となってはバンコク市内だからあまり動いていないような気がしてしまうのは僕が外国人だからかもしれない。

兎にも角にも、この柱が遷都後にバンコクに建造された最初の建築物ということだ。さぞかし立派な建物が建っているのかと思っていたけれど、ラックムアンのお堂は小さなかった。すぐ近くまで来たのに、気が付かなくて通り過ぎてしまったくらいだ。お堂の前では人びとがのんびりとしている。ほとんどの人が喪服を纏っていた。亡くなった前国王の喪に服しているのだ。

ENGLISH version is here

撮影情報

フォト NO
10561
撮影年月
2017年9月
投稿日
2018年05月14日
撮影地
バンコク / タイ
ジャンル
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2018年5月 町角 タイ
使用カメラ
SONY ALPHA 7R II
レンズ
SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA
お知らせ
AMAZONで写真集を好評発売中。モノクロ写真108枚を掲載。KINDLE UNLIMITEDでも読めます。
Trivial Moments: Street Photography by Tetsu Ozawa
オザワテツ・フォトグラフィー

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP