いくつもの草鞋が室町時代に建てられた円融寺の仁王門にぶら下げられていた

円融寺の仁王門に飾られていた草鞋
仁王門にぶら下げられた草履
関連する写真

家の近くに円融寺という古刹がある。この日の散歩の目的地は住宅街の真ん中に建つその寺院だった。プラプラと寺院へ向かい、境内に足を踏み入れると閑散としていて穏やかな雰囲気が漂っていた。

碑文谷に建つ円融寺の目玉は室町時代初期に建てられたとされる釈迦堂だ。都内で2番目に古い木造建造物は、その名の通り釈迦如来像を安置しているものの、扉はしっかりと閉じられていて中の様子は窺えない。小振りな釈迦堂の全体を眺めようと、仁王門の方へ移動する。この仁王門も釈迦堂ほどではないけれど古いもので、同じように室町時代に建てられたものなのだという。

をくぐると、壁にいくつもの草鞋が掛けられていた。これらは健脚祈願で寺院に奉納されたものなのだろう。今どきは草鞋を普段から履いて生活しているひとなどいない。それでも、このように寺院に祈願する際には昔ながらの草鞋を奉納する。ひょっとしたら最近の靴を奉納したら、昔から鎮座している神様には何の祈願をされているのか見当が付かないからかもしれない。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2019年9月 静物 東京
お堂・ホール 碑文谷 サンダル 寺院

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

11214

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月29日

更新日

2022年05月16日

撮影場所

碑文谷 / 東京

ジャンル

静物写真

カメラ

RICOH GR III

円融寺ってどこ?

PREV & NEXT