男は古いミシンの塗装を塗り直していた

古いミシンの手入れをする男
タイのバンコクにあるプレーン・プートン通りで撮影
関連する写真

プレーン・プートン通りには古めかしい佇まいのお店が並んでいた。どれも二階建てで、ここの町並みは昔ながらのバンコクの雰囲気をよく残しているのだという。その中のひとつの店先に眼鏡を掛けた男が立っていた。右手には刷毛を、左手にはコップを持っている。そして、大きなミシンが男の目の前に置かれていた。とても年季の入ったミシンだった。

男が何をしているのかが気になったので、近付いていく。男はその古めかしいミシンの手入れをしているのだった。手にした刷毛でミシンを丁寧に塗り直している。近づくと、男は朗らかに話しかけてきた。男が指差す個所を見ると、そこには大きくアルファベットで「Mitsubishi」と書かれている。この古いミシンは日本製なのだった。三菱がミシンも作っていたなんて知らなかった。しかも、このミシンは電動ではなくて足踏式だ。一体どれくらい前に製造されたものなのだろう。これが今でも実用に耐えうるものなのか、はたまた単なる骨董品なのかはよく分からない。いずれにしても、眼鏡の男の売り物なのだった。

ENGLISH
でコメントする でコメントする に入れて後で読む
2018年5月 人びと タイ
バンコク チェック柄のシャツ 眼鏡 男性 ミシン
バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ

PHOTO DATA

No

10560

撮影年月

2017年9月

投稿日

2018年05月13日

更新日

2020年08月24日

撮影場所

バンコク / タイ

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクにあるプレーン・プートン通りってどこ?

PREV & NEXT