仏旗と根本中堂

根本中堂に立てかけられていた板塔婆

根本中堂の廊下には多くの板塔婆が立てかけられていた

東京の上野にある寛永寺で撮影。

浄名院を出て道路を渡ると、そこはもう寛永寺の境内だった。子院である浄名院と本寺である寛永寺は道路を挟んで隣り合っているのだ。訪れた時、寛永寺では何かしらの行事が行われる日だったようで、本堂である根本中堂には五色の仏旗が掲げられていて、回廊には板塔婆が幾つも並べられていた。彼岸の儀式が行われるのだろう。

日本ではお彼岸に先祖の墓参りをするのが一般的だけれど、それは仏教の習慣ではない。仏教にはもともと先祖崇拝という概念はないのだ。死後輪廻転生することになっている仏教ではご先祖様は姿を変えてどこかにいるはずなので、お墓はいらないのだ。ところが、仏教が中国を経由してやって来た日本では儒教の影響を受けて、先祖崇拝も仏教の一要素となって今に至っているというのが真相のようだ。

境内にはお墓参りに訪れたと思しき正装した人びとがいた。ここ寛永寺はかつて徳川将軍家の菩提寺でもあってから、この正装している人たちの中には徳川の末裔の人もいたのかもしれない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

寛永寺ってどこ?

PHOTO DATA

No

11204

撮影年月

2019年3月

投稿日

2019年09月22日

撮影場所

上野 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ