法堂の横のベンチで休む

法堂の横のベンチで休む

法堂の脇にはベンチが備え付けられていた

鎌倉にある建長寺で撮影。写真の木造建築物は建長寺の法堂だ。「法堂」と書いて「はっとう」と読む。ちょっとした難読だ。1814年に建てられた法堂は、鎌倉最大級の大きさを誇っている。壁際に沿って休息用のベンチが置かれていた。

そして、年配の男性が腰を降ろしていた。男性には左の方をじっと見ている。おそらく、視線の先には唐門があるに違いない。金で鮮やかに装飾されている唐門はとても目立つ存在だ。しばらくすると、男性は立ち上がって歩き出した。唐門の荘厳さに、休憩している場合ではないと思ったのかもしれない。

ENGLISH

Information

フォト NO
9855
撮影年月
2016年5月
投稿日
2016年08月29日
撮影地
建長寺 / 神奈川
タイプ
ストリート・フォトグラフィー
アーカイブ
2016年8月 神奈川 人々
使用カメラ
SIGMA DP2 MERRILL

コメント

こちらの写真もどうぞ

PAGE TOP