満面の笑みとサムズアップ

ジャカルタの住宅街の中で遊んでいた男の子
インドネシアのジャカルタで撮影 オザワテツ

住宅街の路地で遊んでいた男の子は、カメラの前で満面の笑みを浮かべながら親指を立ててくれた

歩いていた路地は、いつの間にか小さな川の横に伸びていた。ジャカルタの住宅街を流れる川はきっちりと護岸工事をされていて、東京を流れるドブ川を連想させる。でも、臭くはなかった。生活排水はこの川に流れ込んでいないようだ。

そんな川では地元のこどもたちが遊んでいた。川で遊ぶのは楽しい。何かを浮かべたり、生き物を探したり、僕も小さな頃は家の近くを流れる川で遊んだものだ。ジャカルタでは子どもたちは何をして遊んでいるのか興味を持って近づいたら、カメラに興味を持った子どもたちに逆取材を受けるような形になってしまった。日頃から遊んでいることよりも、カメラを持って歩いていた外国人の方がずっと興味深いのだろう。

さっきまで夢中になって遊んでいたものをそっちのけに、道に上がってきた男の子は僕の前に意気揚々と立ち止まった。そして、カメラの前で親指を立てながら満面の笑みを浮かべたのだった。その笑顔を眺めていると、何をして遊んでいたのかなんて、どうでも良いこのように思えてきた。

EN

ジャカルタってどこ?

PHOTO DATA

No

11638

撮影年月

2020年1月

投稿日

2020年08月15日

撮影場所

ジャカルタ / インドネシア

ジャンル

ポートレイト写真

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

ZEISS BATIS 2/40 CF

アーカイブ