ガラス戸に描かれた鶏のイラスト

ガラス戸に描かれた鶏のイラスト
東京の有楽町で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

横丁のガラス戸に力強い鶏のイラストが描かれていた

有楽町の駅近くにあったガード下は整備されて、渋い飲み屋や居酒屋がなくなってしまうのかと思っていた。実際、新橋駅に近いところにあるガード下は整備され、明治時代に造られた煉瓦アーチを活かした日比谷OKUROJIという商業施設に生まれ変わっている。

有楽町駅近くにあるガード下も同じように洒落た空間になっているのかと思っていたところ、工事を終えて再び顔を現したガード下の飲み屋街は、以前と同じような飲み屋街だった。どうやらガード下の耐震工事を行っていただけで、コンセプトはそれほど変わっていないようだ。

名称も新橋駅に近いガード下が洒落た感じを醸し出しているのに対し、有楽町よりにあるガード下は都会的なセンスを微塵も感じさせない。有楽町産直横丁という漢字だけで構成された名称からは実直な印象を受ける。

そもそも日比谷という地名にちょっと垢抜けた印象があるのに対し、有楽町にそのような垢抜けたイメージはないような気がする。日比谷も住居表示では有楽町の一部なのに不思議だ。家族の中でひとりだけ瞳の色が違うようなものか。そう思いながら横丁に描かれていた鶏のイラストを眺めたら、僕の考えに力強く同意してくれているように見えた。

ENGLISH
2021年8月 静物 東京
鶏肉 有楽町

有楽町産直横丁ってどこ?

PHOTO DATA

No

12000

撮影年月

2021年2月

投稿日

2021年08月16日

撮影場所

有楽町 / 東京

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

有楽町で撮影した写真をすべて見る »

日本国内で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ