生きた鶏と鶏の丸焼き

クロントゥーイ市場にあった生きた鶏と鶏の丸焼き
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 オザワテツ

クロントゥーイ市場では鶏の丸焼きの横に生きた鶏がカゴに入れられていた

歩いていると、大きなカゴが幾つも置いている売り場にやって来た。カゴの中には何羽もの生きた鶏が入れられている。ここはクロントゥーイ市場の中の生きた鶏を売るエリアだった。手羽とかモモ肉とかレバーとか、切り身になった鶏肉が売られている場所とは別の所で生きたままの鶏も売られているのだ。

よく見てみると、生きた鶏が入っているカゴのすぐ横には丸焼きになった鶏肉が置かれている。カゴの中にいる鶏たちもそう遠くない将来、同じ運命を辿ることになってしまうのだろう。でも、カゴの中の鶏は暴れることもなく、穏やかにカゴに入れられたままだった。鶏たちは自分の運命がどうなるか分かっていないに違いない。時折、丸焼きの鶏の方に視線を向けるものいるけれど、自分の成れの果てとは思っていないようだ。まあ、世の中には知らない方がいいこともあるから、これもそのひとつなのだろう。

その一方、カゴの向こう側では店主のふたりが、鶏の運命謎どこ吹く風といった感じで暇そうに雑談をしていた。

EN

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11414

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月23日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

RICOH GR III

写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

アーカイブ