ガズバーナーで鶏の丸焼きを作る男

鶏肉をガスバーナーで熱する男
タイのバンコクにあるクロントゥーイ市場で撮影 ©オザワテツ
似たような写真

クロントゥーイ市場では鶏がまるごとこんがりと焼かれていた

生きた鶏が入ったカゴが置かれている店の隣には鶏の丸焼きを作る厨房があった。とても効率的な配置になっている。カゴから鶏を取り出したらすぐに丸焼きにできるようになっているのだ。でも、これはカゴの鶏にとっては地獄と隣り合わせのようなものだろう。カゴの外に出ることは、すぐさまにあの世に行くことを意味している。

厨房には羽をむしり取られた鶏が山積みになっていた。そして、傍らに男が立っている。手には大きなガスバーナーを持っている。男はそれを使って鶏の丸焼きを作っている最中だった。ガスバーナーで熱せられた鶏肉はこんがりと焼かれている。

男はガズバーナーを使っているのを眺めていると、ふと、このクロントゥーイ市場ではロティサリーチキンを作るような機械がないことに気がついた。この厨房以外にも鶏の丸焼きを作っているところはあったけれど、どこでもバスバーナーで熱していて、ロティサリーグリルでじっくりと焼いている厨房は無いのだ。

ひょっとしたら、ロティサリーグリルを使うよりもガズバーナーを使った方が早く作れるのかもしれない。タイの人は思いの外気が短いというから、誰も時間のかかるロティサリーグリルを使わないのかもしれない。

ENGLISH
2020年2月 人びと タイ
バンコク 鶏肉 料理人 クロントゥーイ市場 厨房 市場

クロントゥーイ市場ってどこ?

PHOTO DATA

No

11415

撮影年月

2019年9月

投稿日

2020年02月24日

更新日

2020年09月14日

撮影場所

クロントゥーイ市場 / タイ

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

バンコクで撮影した写真をすべて見る »

日本国外で撮影した写真とエッセイ

すべての撮影地を見る »

被写体別のカテゴリ