参拝客を乗せたボート

参拝客を乗せたボート
関連する写真

ボートは川の中に建つイェレー・パゴダに向かっていた

ミャンマーのチャウタンで撮影。

川沿いを歩いていると、ほどなくして渡船乗り場へと辿り着いた。川の真ん中に建つイェレー・パゴダという寺院に向かうにはここからボートに乗らなければならないのだ。岸から川を眺めると、小さなボートが幾つか水面に浮いている。この辺りで漁をしている漁船に混じって、参拝客を寺院のある中州へと運ぶボートも見える。そして、目的地であるイェレー・パゴダの全体像もよく見えた。岸から中州まではかなり近い。ボートに乗ればあっという間に着いてしまう距離だ。

ミャンマー国鉄では外国人料金が廃止されていたけれども、ここの渡船にはまだ外国人料金なるものが残っている。しかも、その料金は法外だと思うくらいに高い。すぐそこに見える中州に渡るだけなのに5米ドルもするのだ。地元の人向けのボートもあるけれど、壁に掲げられた英文の掲示板によると、外国人は外国人専用のボートに5米ドルを払って乗らねばならないらしい。なんでも、安全のためだというが言い訳臭い。ミャンマー人の安全はどうでもいいのかと問い詰めたい気分だ。でも、ビルマ語を話せる訳でもなく、地元の人を装うことも出来ない僕は、仕方なく5米ドルを払ってボートに乗ることにしたのだった。

Trivial Moments by Tetsu Ozawa

写真集

TRIVIAL MOMENTSという写真集をKINDLE STOREで発売中

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

イェレー・パゴダってどこ?

DATA

Photo No

10955

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年03月31日

撮影場所

チャウタン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

波止場に近づいている渡船

ミャンマー

大勢の人が乗るボート

ミャンマー

小さな波止場に浮かんでいたボートと船

ミャンマー

ボートの舵取りをする男

ミャンマー

イェレー・パゴダへ渡るボートで働いていた男の子

ミャンマー

ボートの向こうに見えるイェレー・パゴダ

ミャンマー

川にお供え物を流す男

ミャンマー

楽しそうに散髪する床屋

ミャンマー

チャウタンの市場の閑散とした廊下

ミャンマー

使い捨てのひげ剃りを売り歩く男

ミャンマー

廊下で笑う女

ミャンマー

カミソリを使って漁網を修繕していた男

ミャンマー

照れ屋の若い女性

ミャンマー

漁網の仕上がり具合を確認する男

ミャンマー

漁網の手入れをする青年

ミャンマー

市場の前で客待ちする自転車タクシーの車夫

ミャンマー

幾重にも重ねられたキンマの葉

ミャンマー

金髪に染めた床屋

ミャンマー

屋台のカウンターに腰掛ける男女

ミャンマー

トラックの荷台に立つ男

ミャンマー

屋台にいた親子連れ

ミャンマー

愛車の上でふんぞり返った車夫

ミャンマー

客待ちしていた自転車タクシーの車夫

ミャンマー

力強く親指を立てる女性

ミャンマー

口を開けて笑う男

ミャンマー

アーカイブ