イェレー・パゴダと岸を結ぶボート

イェレー・パゴダと岸を結ぶボート

ちょうど川の中にある寺院からボートが戻ってきていた

ミャンマーのチャウタンで撮影。

高いなぁと思いながらも窓口で渡船のチケットを購入して、水辺に立ちながらボートがやって来るのを待っていた。そのうち、向こうの中州からボートが離岸するのが見えた。見る見るうちにボートは岸に近づいてくる。ボートには大勢の参拝客が乗っていた。そして、ダラの漁村で見たのと同じように舳先の両側に可愛らしい瞳が描かれている。参拝客たちはお参りを終えて、岸に戻って来たのだった。乗客の背後には僕の目的地であるイェレー・パゴダが黄金に輝いていた。

ボートが着岸して乗っていた乗客が下船し終えたので、ボートに乗り込もうとすると、周囲の人たちに止められた。どうやら僕が乗り込まなければならないボートはこれではないらしい。これは地元の人向けのボートで、外国人旅行者は乗ってはいけないのだ。確かに、この屋根もないボロボロのボートに数分揺られるだけで5米ドルもしたら、どんなに温厚な紳士であっても文句のひとつでも言いたくなるに違いない。

EN
SHARE ON SNS 😃
Trivial Moments by Tetsu Ozawa
写真集を販売中
TRIVIAL MOMENTSという写真集をAMAZON KINDLE STOREで絶賛販売中です

モノクロの写真を108枚掲載。もちろんKINDLE UNLIMITEDでも読めます。

Amazon.co.jpで詳細を見る

イェレー・パゴダってどこ?

PHOTO DATA

No

10956

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年04月01日

撮影場所

チャウタン / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ