女性とうずらの卵

うずらの卵の入った籠に囲まれて働く女性
ミャンマーのバゴーで撮影 オザワテツ

女性たちがうずらの卵の入った籠の中で働いていた

店頭には籠が幾つも置かれていた。そして、どれもこれもうずらの卵でいっぱいだ。そして、女性たちが籠に囲まれながら働いていた。女性たちは卵を選別しているようだ。次から次へと小さな卵を手にとって状態を確認している。これだけの量の卵があると、その全てを選別するのには相当な時間がかかるに違いない。女性たちは黙々と作業を進めていた。僕がすぐ前に立ち止まったのにも気が付いていない。

ミャンマーを旅していると、うずらの卵を売っている人をよく見かける。ミャンマーの人は好んでうずらの卵を食べるのだ。茹でられた卵を買い求めた人たちは、みな道端やバスの中などで小腹が空いたときにつまんでいる。ここではおやつのような扱いだ。日本でうずらの卵というと、中華丼か八宝菜に入っているというイメージくらいしかないけれど、ここでは老いも若きもみなちょっとした隙きに口にしている。何故ゆえにミャンマーでうずらの卵がこれほど人気なのかは分からない。ひょっとしたら、鶏もうずらの方が飼育が簡単なのだろうか。

EN

バゴー(旧ペグー)ってどこ?

PHOTO DATA

No

11140

撮影年月

2018年9月

投稿日

2019年08月11日

撮影場所

バゴー / ミャンマー

ジャンル

ストリート・フォトグラフィー

カメラ

SONY ALPHA 7R II

レンズ

SONNAR T* FE 55MM F1.8 ZA

アーカイブ